トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月 1日 (金)

地団研 近畿和歌山総会 アクセス・会場

近畿和歌山総会は中止となりました。

アクセス・会場

最寄り駅は南海本線「和歌山大学前」駅です。

新大阪から:

JR「新大阪」駅 → 東海道・山陽本線「大阪」駅 <乗換> 大阪環状線「大阪」駅 →「新今宮」<乗換> 南海本線「新今宮」駅 →「和歌山大学前駅」へ。

大阪メトロ御堂筋線「新大阪」駅 →「なんば」駅 <乗換> 南海本線「なんば」駅 →「和歌山大学前」駅へ。

関西国際空港から:

関西空港線「関西国際空港」駅 →「泉佐野」駅<乗換>南海本線「泉佐野」駅 →「和歌山大学前」駅へ。


なお、JR「和歌山」駅または、南海本線「和歌山市」駅から、バスで和歌山大学へ行くこともできます。

JR「和歌山」駅から:和歌山バス(3・4番乗り場 和歌山大学行き)→「和歌山大学」バス停へ。
南海本線「和歌山市」駅から:和歌山バス(4番乗り場 和歌山大学行き)→「和歌山大学」バス停へ。

 

「和歌山大学前」駅から会場まで

「和歌山大学前」駅からから
徒歩で約20分、あるいは自転車で約8分、和歌山バス(和歌山大学前駅東口バス停 和歌山大学行き)で約4分。

「和歌山大学」バス停から
教育学部東2号館(教育学部講義棟)へ徒歩数分。


和歌山大学 交通アクセス
https://www.wakayama-u.ac.jp/about/access.html

和歌山大学教育学部 交通アクセス
http://www.wakayama-u.ac.jp/edu/access.html

地団研 近畿和歌山総会 学術シンポジウムⅠ・Ⅱの概要

近畿和歌山総会は中止となりました。

学術シンポジウムⅠ・Ⅱの概要

 近畿和歌山総会準備委員会では、総会で2つの学術シンポジウムを企画しています。その概要をお知らせします。

◆学術シンポⅠ【 8 月 22 日(土)9時~11時30分】

「地殻変動と海面変動の影響下で形成された大阪層群」

 日本列島には鮮新~更新統が広く分布し、その形成環境は、深海平坦面から氾濫原まで多岐にわたる。
大阪周辺に分布する大阪層群は、最下部、下部、上部に区分されており、最下部は、砂礫層や薄い泥層等からなり、河川や氾濫原等の堆積環境が復元されている。
下部や上部には、陸上で形成された砂礫層(粘土層も含む)に複数の海成粘土層が挟在していることから、海域と陸域の環境が何度も入れ替わることによって形成されたとされている。
そのような海域と陸域環境の入れ替わりが何度も繰り返されるのは、地球規模の気候変動の影響を受けた海水準変動と、堆積盆の継続的な沈降といったテクトニクスによる相互作用による結果と推定されている。
海成粘土層が確認されないところでも海水準変動が読み取れるのか、また、地層の判読から地殻の沈降が読み取れるのか、といったことを中心に地層の形成過程について、全国から情報をいただき、ひろく議論したいと思います。
ぜひご参加ください。

◆学術シンポⅡ【 8 月 23 日(日)9時~11時30分 】

「地域の地形・地質を踏まえた豪雨災害の理解と啓発活動」

 近年の地球温暖化に伴う気温の上昇だけでなく、局地的な短時間強雨の頻度が多くなってきている。
そのため従来の堤防やダム、土砂災害対策などのハード対策だけでは、住民の命を守ることができない可能性が高くなってきている。
例えば2011 年の紀伊半島大水害では、和歌山県南部を中心にして、土石流などが発生した。
地形・地質によって発生様式が異なることから、災害対策が十分とはなりえなかった。
そこで本シンポジウムでは地形・地質などの環境をふまえたうえで最近の河川の氾濫や土砂災害などについて議論する。
それとともに土砂災害などの危険性を住民へ周知するための啓発活動についても議論したい。

-----
第74回地団研総会(近畿和歌山)準備ニュースNo.3より

 

地団研 近畿和歌山総会 スケジュール(概要)

近畿和歌山総会は中止となりました。

近畿和歌山総会のスケジュール(概要)

近畿和歌山総会のスケジュールの概要をお知らせします。

8月21日(金)は 、プレ巡検とアイスブレイクパーティ、夜間小集会を企画しています。
 プレ巡検は「博物館と発掘現場で体感する日本一のモササウルス化石」「和歌山平野の海岸砂丘を巡る、眺める」の2コースがあります。
 アイスブレイクパーティは 、22日(土)の受付混雑緩和の目的で、21日に到着した参加者のため、夜間小集会までの待ち時間(17時~18時に 、軽く飲んで過ごせる場所を提供したいと考えています。是非、21日の受付にご協力をお願いします。

8月22日(土)は、午前(9時~11時30分)は学術シンポジウムとして「海面変動と地殻変動の影響下で形成された大阪層群」、昼食とポスターセッションコアタイム(11時30分~13時)をはさんで、午後の前半13時~15時)は昨年に引き続いて「若手シンポジウム」、少しの休憩をはさんで後半(~17時30分)は総会議事となります。

8月23日(日)は、午前(9時~11時30分)学術シンポジウムとして「最近の豪雨災害と地域の地形・地質を踏まえた防災教育(仮)」、昼食とポスターセッションコアタイム(11時30分~13時)をはさんで、午後の前半(13時~15時)は「科学運動シンポジウム」、後半(~17時)は「地と科編集委員会」等となります。

8月24日(月)からのポスト巡検では、「和泉層群の多様な堆積構造観察」、「紀伊半島西部の三波川帯・中央構造線・領家帯」、「南紀熊野ジオパークセンターとジオサイトの見学」、「ドンズルボーの火山砕屑岩」、「天ヶ瀬ダム周辺の地質構造と文化 亀石・宇治石(茶臼)からダム堤の亀裂まで」の5コースを用意しています。

是非、近畿和歌山総会へお越しください。

Schedule

-----
第74回地団研総会(近畿和歌山)準備ニュースNo.2より (一部変更)

 

地団研 近畿和歌山総会 ダウンロード(申込書等)

近畿和歌山総会は中止となりました。

ダウンロード

◇近畿和歌山総会事前参加申込書

◇近畿和歌山総会事前参加申込みはがき

◇ポスターセッション申込書

◇ポスターセッション要旨

◇ポスターセッション要旨(見本)

 

地団研 近畿和歌山総会 ポスターセッション(概要と募集要項)

近畿和歌山総会は中止となりました。

ポスターセッション

ポスターセッションは、8月22日(土)、23日(日)の2日間行います。

・期間
  8月22日(土)9時 〜 23日(日)15時

・コアタイム
  22日(土)11:30〜13:00
  23日(日)11:30〜13:00(ポスター表彰も含む)

・会場
  和歌山大学 東2号館

・申込み締切り
  6月15日(月)

 


ポスターセッション募集要項

・申込み先と方法

 申込み先メールアドレス: k.wakayama.2020◇gmail.com(◇を@に替えてください)
 申込み締切り: 6月15日(月)

 以下より「申込書」と「要旨」 をダウンロードしてください。
 そして、「申込書」と「要旨」をメールに添付してお申込みください。
 ポスターセッションの申込みメールの件名には必ず「ポスターセッション申込み」と明記してください。
 要旨原稿の入稿をもって申込み受付とします。
 必ずpdf形式でお送りください。

 ◇ポスターセッション申込書

・申込み事項
 近畿和歌山総会ブログに「ポスターセッション申込書」をダウンロードして、発表者氏名/所属・支部/発表タイトル/連絡先(住所・電話番号・Eメールアドレス)を記入して申し込んでください。
 なお,学生・院生会員は明記してください。
 ポスター奨励賞対象者(35歳以下で常勤職を有しない会員)はその旨を明記してください。

 ポスターの大きさはA0を基準とします。(ボードサイズは180×90cmです。)

・要旨
 要旨はA4で1ページです。
 フォーマットはシンポジウム講演要旨のフォーマットと共通です。
 以下よりダウンロードしてご利用ください。
 要旨のフォーマットは昨年の東京総会でのフォーマットと同じです。
 送付のファイル形式はpdfでお願いします。

 ◇ポスターセッション要旨

 ◇ポスターセッション要旨(見本)

 

地団研 近畿和歌山総会 参加要項

近畿和歌山総会は中止となりました。

参加要項

申込み締切日にご注意ください
事前参加申込み・巡検申込み締切は7月26日(日)です。
ポスタ-セッションの申込み締切は6月15日(月)すのでよろしくお願いします。

E-MAILによる申込み
申込書をダウンロードして記載し、メールに添付して送信してください。
メールの件名:事前参加申込み
送信先:k.wakayama.2020◇gmail.com(◇を@に替えてください)
※参加費・コンパ代は総会当日受付にてお支払い下さい。

◇近畿和歌山総会事前参加申込書のダウンロード

はがきの郵送で申込み
そくほう6月号同封のはがきを郵送する。
近畿和歌山総会事前参加申込み(はがきに印刷されてます)
なお、申込み内容の控えをとっておいてください。

◇近畿和歌山総会事前参加申込みはがきのダウンロード

郵送先:〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1−23
    大阪市立自然史博物館 第四紀研究室気付
    第74回地学団体研究会 近畿和歌山総会準備委員会 受付係 御中

 

◎総会参加の学生・院生に対して、下記のように「若手支援」を行います。
社会人学生院生、再度の入学は除きます。会員対象の補助は2020年度会費が納入されている方です。

★宿泊補助:1泊素泊まりの宿泊費が2,000円となるよう越える部分を補助します(会員・非会員対象)。
        学生院生宿舎は、和歌山大学の敷地内に併設する「グリーンプラネットハウス」です。

★巡検補助:参加費1,000円以上の参加費の半額を補助します。
★ポスター発表者・シンポジウム発表者の旅費補助:原則、発表の学生・院生1名の旅費実費の半額を補助します(会員対象)。

地団研 近畿和歌山総会 巡検コース案内

近畿和歌山総会は中止となりました。 

地団研 近畿和歌山総会 巡検で会いましょう!

 地形や露頭をまえに大いに議論しましょう!

コース案内をご覧の上ふるって申し込んでください.

Photo_20200502165001Aコース(プレ巡検):博物館と発掘現場で体感する日本一のモササウルス化石

Bコース(プレ巡検):和歌山平野の海岸砂丘を巡る、眺める

Cコース(ポスト巡検):和泉層群の多様な堆積構造観察

Dコース(ポスト巡検):紀伊半島西部の三波川帯・中央構造線・領家帯

Eコース(ポスト巡検):南紀熊野ジオパークセンターとジオサイトの見学

Fコース(ポスト巡検):ドンズルボーの火山砕屑岩

Gコース(ポスト巡検):天ヶ瀬ダム周辺の地質構造と文化 亀石・宇治石(茶臼)からダム堤の亀裂まで

1)申し込み締め切りは7月26日です。
  申し込み方法は総会参加申し込みに同じです.
  メールでの申し込みは下記.
   k.wakayama.2020 アット gmail.com
   *「アット」を「@」に替えて下さい.
  ホームページ(ブログ):
   https://k-wakayama-2020.cocolog-nifty.com/blog

2)参加費は概算です.参加者数により変わります.
  費用はプレ巡検・ポスト巡検とも総会受付時にお支払いください.
  なお,参加費には旅行傷害保険と損害賠償保険の加入費が含まれます.

3)集合地点までの交通費は含まれていません.
  交通機関,電車時間や確定費用は締め切り後に案内者から申込者に連絡します.

4)集合・解散の場所,時刻等に変更が生じた場合,プレ巡検の参加者には案内者から直接連絡します.
  ポスト巡検の参加者には総会期間中に会場内の掲示板などで案内する場合もあります.

5)最小催行人員に満たない場合や,安全確保に問題があると考えられる場合は,
  コース内容の一部変更や巡検中止等の措置をとることがあります.

6)申込締切(7月26日)以降は参加受付できません.
  申込締切後,8月14日以降のキャンセルには,費用の30%をキャンセル料として頂きます.
  連絡なしのキャンセル料は全額となります.
  8月13日までのキャンセルであれば,キャンセル料は不要です.

 <本ページのpdf:巡検コース案内概要pdf

地団研 近畿和歌山総会 アイスブレイクパーティー

近畿和歌山総会は中止となりました。
会初日の8月21日(金)にアイスブレイクパーティーを開催します

 地団研総会で初めての試みとして、総会初日の8月21日(金)17時から、アイスブレイクパーティーを開催します。

 年に一度の再会や旧交を温め、また総会を初日から楽しんでいただくために、簡単なおつまみと飲み物をご用意します。

 申込み不要、出入りは自由で、途中からの参加や早めの退出も構いません。和歌山に早めに着いてしまった人、会場場所を早めに確認に来る人もぜひご参加ください。

 日 時:8月21日(金) 17時〜19時頃

 会 場:和歌山大学 教育学部東2号館(教育学部講義棟)(総会会場内です)

 参加費:500円(会場でお支払いください)。ただしビールなどアルコール類は別途料金を徴収します。

 その他:アイスブレイクパーティーへの参加申込みは不要ですが、総会受付をすませてからご参加ください。おつまみ・飲み物の持ち込み大歓迎です。

 

地団研 近畿和歌山総会 昼食について

近畿和歌山総会は中止となりました。

総会期間中の昼食について

 総会期間中の昼食に関して、季節柄こちらで総会弁当は用意しません

 午前・午後にわたって参加される場合は、グリーンプラネットハウスの1階食堂(ひまわり食堂)で昼食を摂ることができます。

 大学周辺で食事ができる場所は少なく、南海電鉄「和歌山大学前」駅前にイオンモール(会場から徒歩20~25分)がありますが、会場から遠いため事前に準備して会場へお越しいただくのも良いでしょう。なお、駅から大学までの間にコンビニエンス・ストアが1軒あります。

 

地団研そくほう 第74回地団研総会(近畿和歌山)準備ニュース

近畿和歌山総会は中止となりました。

そくほう 「第74回地団研総会(近畿和歌山)準備ニュース」

No.1「モササウルスの化石」(そくほうNo.761)

No.2「東京オリンピックのある夏には和歌山へおいでください」(そくほうNo.762)
           -近畿和歌山総会は8月21日(金)~25日(火)の5日間-

    「近畿和歌山総会のスケジュールの概要決まる」(そくほうNo.762)

No.3「学術シンポジウムの概要決まる」(そくほうNo.763)

No.4「近畿和歌山総会 ポスターセッションのご案内」(そくほうNo.764)

No.5「総会巡検 皆さんの参加をお待ちしています」(そくほうNo.765)

No.6「地層の形成過程を大阪層群で考えよう」(そくほうNo.766)

    「科学運動シンポジウムプログラム」(そくほうNo.766)
    科学運動シンポ「原発立地問題と高レベル放射性廃棄物の地層処分問題」

    「総会初日の8月21日(金)にアイスブレイクパーティーを開催します」(そくほうNo.766)

    「ポスターセッションの申し込み締め切りせまる!」(そくほうNo.766)

    「「稲むらの火」の舞台である和歌山県から多様な災害を学ぶ」(そくほうNo.766)

    「第74回地団研・近畿和歌山総会に事前登録をお願いします」(そくほうNo.766)
         事前登録のお願いと総会当日の昼食

 

地団研そくほう 近畿和歌山総会紹介シーリズ

近畿和歌山総会は中止となりました。

そくほう 「近畿和歌山総会紹介シーリズ」

シーリズ1 (そくほうNo.762)
「南紀熊野ジオパークセンターにいらっしゃい!」

ポスト巡検【8月24日(月)~25日(火)】

シーリズ2 (そくほうNo.763)
「紀伊半島西部の三波川帯・中央構造線・領家帯」

ポスト巡検【8月24日(月)】

シーリズ3 (そくほうNo.764)
「和泉層群の多様な堆積構造」

ポスト巡検【8月24日(月)】

シーリズ4 (そくほうNo.765)
「和歌山と京都・宇治」
ポスト巡検【8月24日(月)】

シーリズ5 (そくほうNo.766)
和歌山平野の海岸を巡る、眺める」
プレ巡検【8月21日(金)】

シーリズ6 (そくほうNo.767)
「二上山の魅力とドンズルボー」

地団研 近畿和歌山総会 販売ブース・企業展示の募集

近畿和歌山総会は中止となりました。
販売ブース・企業展示の募集

 総会期間中の8月22日(土)、23日(日)の2日間、書籍や地学関係の物品の販売ブースおよび企業展示を募集します。
多くの出展をお待ちしております。また、要旨集への広告の掲載もできますのでご検討ください。

◎出展料・広告費
 企業展示:約2m幅につき1万円(2日間)。
         長机1台と掲示用の壁は準備します。

 要旨集広告:1万円/1ページ
          5千円/半ページ
          カラーは別途相談

◎申込締切:6月15日(月)
 申込み先は、大会申込アドレス(k.waayama.2020@gmail.com)まで

 

地団研 近畿和歌山総会 連絡・問合せ先

近畿和歌山総会は中止となりました。 

連絡・問合せ先

近畿和歌山総会準備委員会への連絡、問合せ先

お問い合わせは下記の総会用アドレスへご連絡ください。
※総会用メールアドレス:k.wakayama.2020◇gmail.com(◇を@に替えてください)

※追って担当から返信をいたします。もし送信から1週間経っても返信がない場合には、お手数ですが再度ご連絡ください。

 

トップページ | 2020年6月 »